分数を使うか使わないか、それが問題だ!


こんばんは。野田です。

中学受験でも高校受験でも、計算力は合否に大きく影響します。
計算問題の配点が大きいのはもちろん、文章題だって、計算しないと答えは出ないですからね。

で、今日は中学受験をする際に、計算で、必ずクリアしてほしい「分数」についてのお話です。
算数が苦手な人は特に読んでくださいね。

中学受験で「分数」が大事なワケは?

受験で分数が大事になる理由って何でしょう。

いろんな理由がありますが、一言で言うと、
「分数を使った方が計算が早くなる」問題がよく出題されるから
です。

小数のかけ算って、繰り上がりとか、筆算の足し算とか、計算ミスしやすい所が一杯ですよね。

小数の割り算って、桁が多くなると大変ですよね。

出題する先生もそれをわかっていて、
「分数で計算すると、早いんだな〜これが!」
って問題を出してくるワケです。

具体的にはどんな問題?

いろんな例があるのですが、今回は3例だけ。
答えが出たら、先生に見せてくださいね。
あと、わからなかった場合も。是非やり方をマスターしましょう!

1)桁が多くて「ゲーっ」ってなる問題
1.28 ÷ 0.0224 =

これ、見た瞬間に嫌だなーと思うかもしれませんが、小数を分数に直して計算すると、約分ができてとっても楽です。
1.28を128/100に、0.0224を224/1000に直して計算してみましょう。

2)小数と分数が混ざっている問題
0.56 + 11/75(75分の11)

分数を小数に直すと割り切れなくなりますね。
こう言う場合は、小数を分数に直してみましょう。
分数に揃えて通分すれば、あっという間に計算できます。

3)整数がたくさん並んでいる乗除の問題
7÷52÷9x44x13÷11 =

筆算をすると「割り切れないよー」と止まってしまう問題ですね。
これ、整数を分子と分母に振り分けて計算すると、あっという間に約分ができるので、とっても簡単に答えが出ます。

たくさん計算して、判断する力を磨こう!

もちろん、小数のまま計算した方が早い場合もあります。
「じゃあ、どう言う場合に小数のまま計算するんですか?」
って質問が出てきますよね。

ここの判断は、たくさん計算問題を解いて、経験の中から身についていきます。

もうちょっと正確に言うと、たくさん計算問題を解きながら、先生から
「この場合は分数が良いよ。」「この場合は小数が良いよ。」
と言う話を聞いて、だんだん身に付いていきます。

千里の道も一歩から

計算も全く同じ。
受験までは、まだ時間があります。
焦らず、慌てず、じっくり身につけていきましょう。