こんばんは。野田です。
いよいよ新しい学年が始まりましたね!
新品の教科書をもらって、ちょっと新鮮な気持ちになっていることと思います。

この時期、中学生の皆さんは、「絶対に」ある教科に力を入れておいた方が良いです。
その教科とは。。。。

スタートダッシュすべき教科

4月中に力を入れて、スタートダッシュを切っておきたい教科は数学です。

どの学年でも、数学は計算分野からスタートです。
中1なら正負の数、中2なら文字式、中3なら式の展開ですね。

これらの単元は、計算「ばっかり」ですが、、、
いや、、、計算ばかりだからこそ、大切なんです。

4月の学習で、これから1年の伸び方が違ってくる

計算中心の単元をしっかり勉強しておくと、これから先に出てくる文章題や、関数の問題などの正答率が変わってきます。

どんなに思考力があっても、どんなに関数の問題が得意でも、計算力がなければ正解できません。
「わかっているはず」なのに計算ミスでポロポロ点を落とす羽目になります。

逆に、計算力があると、一定の努力で、効果的に得点力を伸ばせます。

解き方さえわかれば、間違えないのですから!

努力すれば何とかなる単元

また、この単元は、繰り返し問題を解いて頑張りさえすれば、何とかなります。
努力が報われやすい単元ですね。

まだまだ新学年が始まったばかり。
この時期だからこそ、新たな気持ちで、しっかりと数学に取り組んでみましょう。