こんにちは、野田です!

みなさん、家での学習はしっかりと進めていますか?
決められた問題を解いたり、答え合わせをしたり・・・ここまではできても、暗記ってどうなってますか?

勉強は、間違えてからが本番。
今日は、解き直してから、しっかり覚えるまでの暗記の「必殺ツール」のご紹介をします。

一人で暗記するのは大変!

暗記って、好きな科目であれば、何度か教材を読むだけで頭に入ってくる人もいるかもしれません。
ところが、嫌いなものとなると、そうは問屋が卸してくれません。
漢字、英単語、都道府県などなど・・・苦戦している人もいるのではないでしょうか。

塾ではこんなことやってます。

塾では、これらの暗記事項をエクセルなどの表にまとめて、プリント学習を繰り返しています。
例えばこんな感じですね〜。

1)表を印刷して、解く&覚える
2)大体覚えてきたかな~となったら、今度は問題をランダム並び替えて、もう一回プリントを印刷、チェックテスト。
3)間違えた箇所を覚える。
4)もう一回、問題を並び替えたプリントを印刷してチェックテスト。
5)以下繰り返し。。。

これ、家でもできると良いですよね。

エクセルで自前の暗記ツールができます

で、今は塾がないわけですから、、、せっかくなんで家で同じことやっちゃいましょう!

家で漢字や英語、社会の暗記をしたい!(または「させたい」笑)と思っている人は、エクセルやGoogleのスプレッド・シートを使って自分でプリントを作れます。

基本的には、
1)表を作る
2)並べ替え機能を使って並び替える
3)プリントアウト
をするだけなので、まずは自分でやってみてください。

も、使い方が分からないなどありましたら、野田にご連絡くださいね。
表の作り方の説明もしますし、エクセルのひな型を差し上げま〜す。

せっかくの機会、自分だけの暗記ツールを作っちゃいましょう!!