こんにちは。野田です。

みなさん、家ではどんな風に過ごしてますか?
今は外で遊ぶという訳にもいかないですし、暇している人も多いのではないでしょうか。

一方で、「学校がないけど勉強は大丈夫?」「塾もやってないし」「そもそも勉強時間が。。。」なんて感じで、子供よりもむしろご両親の方が心配だったりするかもしれませんね。
今日は、その辺りのお話を少しさせて頂きたいと思います。

例年はこんな感じで勉強が進みます

まず、毎年、この時期にはどのくらい勉強が進んでいるのか?について確認したいと思います。
わかりやすい指標として、1学期の期末試験の範囲がどんな風になっているのかというと。。。

<数学>
中1数学 正負の数、文字と式
中2数学 式の計算(計算、等式変形、式の証明)、連立方程式 
中3数学 式の計算(展開や因数分解)、平方根

<英語>
中1 Unit.1、Unit.2、(Unit.3)
中2 Unit.1、Unit.2、(Unit.3)
中3 Unit.1、Unit.2 、(Unit.3)
※Unit.3は学校によって、入ったり入らなかったりです。

E.D.O.の生徒は、春期講習の貯金があります!

えっ?結構あるよね。。。。なんて思ってしまうかもしれないですが、意外とそんなこともないんです。

実は、この範囲って、E.D.O.の春期講習でだいたい終わらせてしまっています。

春期講習で網羅した範囲としては、大まかに言うと(生徒によって進み方に若干の違いはあります)、

<数学>
中1数学 「正負の数」が終了、「文字と式」の7割
中2数学 「式の計算」が終了、「連立方程式」の計算まで 
中3数学 「式の計算」が終了、「平方根」の途中まで

<英語>
中1 Unit.1、Unit.2、Unit.3 までの文法事項が終了
中2 Unit.1の文法解説、英文和訳が終了
中3 Unit.1、Unit.2 までの文法演習、英文解説、和訳が終了。

という感じです。

つまり、1学期期末の範囲のほとんどが学習し終えている状態です!

もちろん、一回勉強したからといって、全てマスターしたり、期末テストまで覚え続けていると言うのは難しいですが、
学校が始まっても、一通り予習した状態から授業が始まるので、大分楽にスタートが切れています。

焦らない、焦らない!でも復習は絶対に必要です。

なので、学校が休みだからと言って、焦る必要はありません。
受験生は不安になるかもしれませんが、大丈夫です。^^

一方で、復習はしっかりやっておきましょうね。
せっかく春期講習でもらったアドバンテージ、しっかり活かせるように、日々のコツコツした努力は大事です。

今は外出できず、時間にゆとりがある人も多いはず。
せっかくの時間を有効に活用しましょう。