多くの学校がテスト1週間前になりました。

そこで今日は、テスト1週間前にやることをまとめてみました。
しっかり読んで、テスト勉強にぬかりがないようにしましょう!

提出物なくしてテスト勉強なし!

テスト前に出される提出物ってとても多いので、どうしても生徒にとっては嫌になってしまうものです。

後回しにしたくなるんですよね。
でも、これ、テスト前日に慌てることになっては目も当てられません。

肝心のテスト勉強ができなくなるし、特に英数の場合は、提出物のワークを1回やった上で、間違えた問題の復習をするのが、点を取るためには絶対に欠かせません。

土曜日中に提出物を確認して、残っていたら終わらせましょうね。

暗記は1日にしてならず!

英語、社会、理科は暗記をしないとなりません。

この時に覚えていて欲しいのは「暗記は1日ではできない」と言うこと。
「一夜漬けで覚えればいいや〜」なんて思わないでくださいね。そんなに勉強は甘くないです。笑

暗記は、毎日時間を決めて、コンスタントにやっていくことがポイント。
テストまで残り1週間くらいになってから毎日やっていくと、ちょうどテスト当日に、頭に知識がたくさん詰まった状態になると思います。

英数は苦手な問題に取り組んで!

英語、数学は、そろそろ解ける問題と解けない問題が明確になってきたと思います。

ここで大切なのは、「苦手な問題は、解き方を忘れてしまう前に復習する」と言うこと。
わからない時に教えてもらったら、その日のうちに一度復習しましょう。

苦手な問題を後回しにせず、やり方を覚えているうちに何度も解き直すと、苦手がどんどん克服できますよ〜。

計算が苦手な人は、早めに対策を

そうそう、計算問題でミスが多い人は、出来るだけ塾で自習してください。
途中の計算の仕方を野田がチェックします。

計算問題で得点を落とすのはもったいないですからね。

中3生は最後まで諦めないで!

生徒にはすでに話をしていますが、中学3年生にとって、1学期のテストは大変重要です。

テスト勉強中に「ここまででいいや」って諦めてYouTube見ちゃう・・・なんてやめてくださいね。
その時に、「もう一問だけ」「もう5分だけ」って思って、少しでも貪欲に点数を取りに行きましょう。