こんにちは、野田です。
今年もあと残すところ数時間となってしまいましたね。

今年も色々なことがあったな〜と、様々なことに思いをはせつつ、のんびりと年末を過ごしたいところですが、、、この時期、私は受験生のことで常に頭がいっぱいです(笑)
・・・という訳で、今年最後の問題を出題しますので、生徒の皆さんは覚悟して下さいね〜。

都道府県を漢字で書けるか?は、受験ではとても大切!

中学受験でも高校受験でも、都道府県が漢字で書けないと減点対象になることがあります。
それだけにとっても大切な勉強なのですが、、、この確認って、結構おろそかになっているものです。

そこで、せっかくの機会なので、大晦日の家族団欒のお時間を使って、漢字がかけるかどうか確かめてみて下さい。
できれば、お父様、お母様も一緒にやってみると面白いですよ。
(正解は、この記事の最後に載せますね。)

初級編

まずは基礎的なもの。
これは絶対に書けてほしいです。

1)ほっかいどう
2)ふくしま
3)あいち
4)みえ
5)かがわ

中級編

次は、書いてみると意外と間違えやすいもの。
細かい部分に注意です。

1)にいがた
2)おおさか
3)さいたま
4)おきなわ
5)かごしま

上級編

大人でも間違える人がいます。
書き慣れていないと結構書けません。

1)いばらき
2)ぎふ
3)しが
4)えひめ
5)とちぎ

どのくらい正解すれば良いの?

小学6年生と中学3年生は、受験直前なので全問正解してほしいところ。

でも、できないからって落ち込まないでくださいね。
47都道府県の漢字だけですから、正月明けに数日、気合いを入れて覚えれば十分リカバリーできます!

受験生以外の人は、、、まあ、5問間違い以内でとどめてほしいです。汗
小4でまだ習っていない人は、できなくても構いません。^^

初級編 解答
1)北海道
2)福島
3)愛知
4)三重
5)香川
中級編 解答
1)新潟
2)大阪
3)埼玉
4)沖縄
5)鹿児島
上級編 解答
1)茨城
2)岐阜
3)滋賀
4)愛媛
5)栃木