中学校の今年の1学期・期末試験は、7月の半ばになりそうですね。
例年とは大幅に違う日程。
どうなるんだろう?大丈夫かな?・・・色んな心配があると思います。
今日は、学校のお休み期間に、塾で進めた勉強内容についてお話ししたいと思います。

お休み期間中、皆さんにはオンライン授業を受けてもらいました。
大変でしたか?ちょっと変わっていて面白かったですか?

皆さんよく頑張っていて、学校のお休み期間もしっかりと勉強できたかなと思います。
この中で進んだ、数学と英語の範囲についてまとめてみますね。

数学の進み方

まず、数学ですがどの学年に関しても、1.5~2単元は進んでいます。各学年、こんな感じで進めています。

中1 正負の数(全て)、文字式(途中まで)
中2 式と計算(全て)、連立方程式(途中まで)
中3 展開と因数分解(全て)、平方根(途中まで)

これ、ちょうど、1学期の期末試験の範囲になるんです。
つまり、、、テスト範囲の勉強がほとんど終わってしまっているんですね!

もちろん、まだまだ演習不足だったり、忘れてしまって解けななくなっている部分もあると思います。当然、これからもしっかりと練習することが必要です。

ただ、練習ができるだけの下準備は終えています。
あとは、学校がはじまった今から問題集を繰り返し練習するだけ。
試験で高得点を狙える準備はバッチリ!できているんですよ。

英語の進み方

英語は、どの学校も教科書のUnit 1とUnit2、多くてもUnit 3までが試験範囲です。
EDOではUnit 1とUnit2については、全ての生徒が学習を終えています。
こちらも、ほぼテスト範囲の勉強が一通りはできているんですね。

で、ここも数学と同じなんですが、大事なのはここから復習を繰り返すこと。
特に英語は、暗記作業がたくさんあります。
これから、何度も何度も練習して、単語も文法事項もしっかりと身につけてくださいね。

英数は、あとは復習だけ!

主要科目である英数に関しては、試験範囲をほぼ網羅しています。
あとはただひすら練習を繰り返すだけ。
1学期の期末で、自分史上、最高得点を取るための準備はできています。

学校始まってから期末試験まであと6週間もあります。
気を抜かずにしっかり復習すれば、みんなに成績アップのチャンスが巡ってきますよ!