いよいよ明日は中学入試本番!

中学受験生の皆さん、緊張してますか?それともワクワクしてますか?

まさか、、、入試の後に遊べる!なんてこと考えて浮かれてませんよね。。。笑

今日は明日の入試に向けて、肝に命じておいて欲しいことをいくつかお伝えしようと思います。
「あ、これ自分のことだ!」って思ったら、しっかりと気をつけてください。

試験会場で

試験会場についたら緊張しちゃって大変、、、という人は多いものです。
だって、これ、、普通のことすから。
緊張しているのは自分だけではありません、みんな同じです。

ただ問題なのは、緊張するどころか、、気が緩んでしまうケース。
友達と会ってはしゃいでしまう人もいるようですが、絶対ダメです。

気の緩みは必ず正答率に影響します。
休み時間などに友達と騒いだり、遊んだりということは避けてくださいね。

他にも、
「気を緩めすぎて、休み時間に寝てしまった(汗)」
「独り言をブツブツ言っていたら試験管の先生に注意された(笑)」
なんて言う事例も聞いたことがあるので注意しましょう。

テストが始まったら

問題を解くときには、「問題文を最後まで読む」「何を聞かれているか考える」と言うことをしっかりとやりましょう。
解けているのに、聞かれていることを勘違いしてしまったら、もったいないです。

また、嫌いな科目、苦手な科目、当日たまたまできなかった科目があっても諦めないでくださいね。
年によっては、合格者平均がとても低い時もあります。

解けなくても、周りも解けていないかもしれません。
だったらラッキーです。

むしろそこで凹まずに、解けるものを確実に解くこと、他の科目で頑張り抜くことが大切なんです。

算数と作文では、これだけ気をつけて!

算数と作文では、いつも授業中に伝えている以下のことだけ気をつけてくださいね。

まず、計算ミスを防ぐために、筆算や計算の途中経過は、わかりやすくしっかりと書きましょう。
暗算に頼らないで、しっかりと途中経過を残してください。

算数の文章題では、線分図や面積図を書くことを忘れずに。
わからない!って思っても、図を描いてみると、頭の中が整理できて解けてしまうものです。

作文では、必ず下書きで構想を練ってから、解答用紙に記入し始めましょうね。
本番だからって焦っていきなり書き始めないように。いつも通りのことをやりましょう。

これまで頑張ってきた自分に誇りを持って!

今日は、テストを受ける本人よりも、ご両親の方が明日の入試に向けてあれやこれやと心配りをして大変かもしれません。
子供によっては、緊張で眠れないかも、、、なんて心配になっている人もいるかもしれませんね。

でも、大丈夫。

これまでやってきたことは、確実に自分のものになっています。
自分の努力に自信と誇りを持って、明日の本番に臨んでくださいね。応援してます!