いよいよ、夏休みが近づいてきました。

中学3年生にとって、夏休みの1ヶ月半はとっても大切ですよね。
では、具体的に何が重要なのでしょうか?

中学3年生には、夏休みにしかできないことがあります。

それは「総復習」「基礎固め」です。

復習と基礎固めはいつやるの?

中学生は、3年生の一学期までは、日々の学校の勉強と部活に追われてしまいます。

そして3年生の夏休みが終わると、
二学期の大事なテストが待ってるので、日々の学校の勉強とテストに向けての勉強に追われます。

そんな中、合唱コンクールなどの行事に追い打ちをかけられます。中学校最後なので気合いが入ります…。

そうこうしているうちに、受験直前の冬休みになります。

こんな生活の中、復習と基礎固めはいつやるのか?

それは自動的に「夏休みでしょ!」となります。

復習と基礎固めは大事

特に都立を受ける人は基礎固めが超重要です。

都立は「広くまんべんなくいろいろな分野から」基本的な問題が多く出題されます。

たとえば都立の数学の試験を見てみてください!

基本問題が半分以上を占めています。

さらに、数学は基本的に1問5点。
基本問題も応用問題も5点なのです。
(一部、6点や7点のものもあります)

よって、難しい問題ばかり勉強していても、基礎ができていなかったら、点数を大幅に落としてしまいます。とれるはずの問題を落としてしまうのはもったいないですよね。

なので、弱点克服はもちろんのこと、1、2年の復習と基礎固めはしっかりしておかなければなりません。

復習や基礎固めは時間がかかります。
まとまった時間が取れる夏休みにやるようにしましょう。

EDOの夏期講習でも、復習や基礎固めをみっちりやる予定ですので安心してくださいね。

夏休みはどうしても長時間の学習は避けられないと思いますが、悔いの残らないように、一緒に頑張りましょう。