今日は受験前日の過ごし方についてお伝えしたいと思います。

本番直前というのは誰でも緊張するもの。

そこで最も大切になるのが「焦らない」ということなのです。

とにかく普段通りに、淡々と過ごすことがポイントですね。
ではそのために必要なことはどんなことか?具体的にお話ししていきます。

持ち物の準備はお早めに

当たり前のことかもしれませんが、まずは前日の準備をしっかりと。

たま〜にあるのですが、受験日前日の夜になって「あ、○○が無い!どうしよう!!」ってケース。
もう、半端なく焦ってしまいます。汗

これ、絶対に避けましょうね。
そのためには、前々日には用意をしておき、前日は確認程度に。
特に算数で使用するコンパスや定規などはうっかりしてしまうこともあるので注意してください。

勉強はしましょう。ただし短時間で!

リラックスすることは必要ですが、「たくさん遊んでください」という意味ではありません。
普段通り淡々と勉強することが大切です。

ただし、前日の勉強は短時間で、簡単なものだけに絞ること。
ノートの見直しや暗記の整理程度にして、早めに勉強を切り上げてください。

絶対にやってはいけない!難問チャレンジ!

前日に難問に取り組むのは避けてくださいね。

難問の出来不出来は合否を左右しません。
合否を左右するのは、基本問題の正答率です。

難問をやって「うわ〜出来ない!どうしよう!」なんて不安になったら、前日のメンタルコンディションは最悪になってしまいます。

不安になっても新しいものをやらない!

これもご法度。
直前に新しい参考書を読んだり、やったことのない問題取り組んだりということは避けましょう。

テスト前日に不安になって、新しいものに手をつけても良いことはありません。

必要なことはE.D.O.で全て終えています。
自分に自信を持って当日のテストに臨むことが最も大切です。

無理に早く寝ようとしなくて大丈夫

当日に備えて、ものすご〜く早く寝ようとする人もいるようですが、これ、あまりお勧めできません。
いつもよりも早い時間にベッドに入っても、眠れないばかりか、かえって色んなことを考えてしまって不安になるケースもあります。


受験当日に力を発揮するには、前日に「普段通りに淡々と」過ごすことが大切。
特別なことをせず平常心で臨めば、きっと合格できます!

自信を持って、これまで努力してきた自分に誇りを持って、受験当日に臨んでくださいね。