「ひびログ」とは?


子供のがんばりが見える塾

いま、子供がどの範囲を勉強しているか、ご存じですか?

学校で使っている教材には、どんな種類がありますか?

昨日、子供は何時間、勉強しましたか?


学年が上がるにつれて、学習内容が難しくなったり、部活などで忙しくなったりと、色々な理由で接する時間が減っていき、子供のことを把握することが難しくなっていきます。

E.D.O.進学センターでは、「ひびログ」というノートを使って、子供のがんばりを塾とご家庭で共有し、子供を支えていきます。

保護者の皆さまの声

「ひびログ」をお使い頂いた保護者の方々から、感想を頂いております。
一部を抜粋して記載させて頂いております。

子供の様子がよくわかる

塾での動き、中身がわよくわかる。
何をどのようにしたのかというのが具体的に親にも伝わる。
また、共有しているのが更に良い。
(高3 U様)
子供とコミュニケーションを取る時間があまりなく、不安が大きかったのですが、チームに参加することで進行具合や体調面など、細かいやり取りを把握することができました。
(高3 I様)

子供が変わった

途中から報告書の中身が変わった。
記録だった報告書が実践に変わった。
(中略)本質が変わり日々の行動が、目に見えて変わった。
(高3 U様)
今まで自分の行動をコントロールできていなかったが、毎日記録を書いて報告するうちに、目の前のことに集中するようになり、行動が習慣化されていきました。
(高3 K様)
テストの結果を含め驚く程の成長を実感出来ました。
最近は社会情勢にも興味を持ってきて、勉強以外でも人として成長させて頂き感謝しております。
(高3 I様)

子供に関わりやすくなった

記録を共有しているので、子供のことを信頼し、具体的に褒めることが出来るようになりました。
(高3 K様)
報告の共有から、子供と話す内容も増え、関わりやすくなった。
また、報告書をあげた後の返信が早いため、直近の様子が直ぐにわかる。
(高3 U様)
何をサポートしていくか明確になり安心して送り出せるようになりました。
この報告書は「チームで受験に勝つ!」を実践出来る画期的なシステムだと思います。
(高3 I様)

「ひびログ」で勉強習慣を作る

「ひびログ」ノートには、「記録、分析、計画」の3つの段階があります。
3つの段階を経て、勉強習慣を確立していきます。

STEP.1 毎日記録することが習慣化の一歩

一人では続けられないことも、手助けがあれば出来るようになります。
勉強が習慣になるまで毎日、生徒に寄り添い、サポートし続けます。

STEP.2 分析して、自分の勉強量を振り返る

記録から自分の勉強を振り返ることで、自分の勉強の偏りを修正することや、足りない部分を補うことが出来るようになります。

STEP.3 ムリのない計画をたてる

STEP.2 で勉強のペースが分かっていれば、ムリのない計画を立てることができます。