LINEの「オープンチャット」ってなに?グループチャットとちがうの?


LINEの「オープンチャット」ってなに?グループチャットとちがうの?

LINEに「オープンチャット」という機能が2019年8月に追加されました。

この「オープンチャット」とは何でしょうか? LINEの「グループチャット」と比較して、説明していきます。

オープンチャットとは?

「個人情報を守りながらも不特定多数の人たちとやり取りができる」機能です。

よくある交流掲示板のようなものです。

LINEのアカウントでそんな掲示板のようなものに参加して大丈夫なの?と不安になるかもしれませんが、心配はありません。

オープンチャットは個人情報が守られる仕組みがいくつもあります。
だれでも参加できる全体公開のトークルームだけでなく、招待・承認が必要な非公開のチャットも作成できます。
仕事仲間や保育園の保護者だけのトークルームなど、さまざまな現場で活用しているケースも目立ってきています。

プライバシーが保護される

LINEの「グループチャット」では、参加者のアイコンをタップすると、トーク、通話やビデオ通話ができます。
そのため、個人的に友だち申請が送られてきたり、自分の連絡先がグループの全員に知られてしまったりします。
オープンチャットは参加者のアイコンをクリックしてもハンドルネームしか表示されないので、個人的にやりとりはしたくない!という方には適しています。

チャットごとに違うユーザー名とアイコン画像を設定して参加できる

LINEの「グループチャット」に参加すると普段のLINEに登録している名前と画像が表示されてしまいます。
オープンチャットの場合は参加の際にユーザー名とアイコン画像をそのチャット専用に設定できます。
本名やタイムラインにあげた内容、画像から趣味などを知られたくない場合でも気軽に参加できます。
小学校の父母会でオープンチャットを組んだ場合、「○○の母」とかそのチャットに適した名前をつけたりできます。

使い方はLINEの「グループチャット」とほぼ同じ!

参加したオープンチャットはトーク一覧に表示されます。
オープンチャットを開くと画面は「グループチャット」とほぼ同じなので、誰でも簡単に使えます。

途中参加でも過去のやりとりが見れる!

LINEの「グループチャット」の場合、途中参加した人は、参加前のトークを見ることはできません。
オープンチャットの場合は途中参加でも過去のトークをさかのぼって見ることができます。

非公開の設定が可能

オープンチャットのトークルームには一般公開されたものと非公開にされたものがあります。
一般公開されたトークルームは、検索機能で検索できます。
不特定多数の人が集まるので、気軽に趣味のあう人たちがお話するのに便利です。
一般公開でも管理人が指定した参加コードを入力しないと自由に入れないように設定することもできます。
非公開のトークルームは検索機能で検索してもひっかかりません。
会社や学校関係、家族や親族などで利用するのに適しています。


このようにオープンチャットを使えば、LINEの「グループチャット」と同じようにして様々な人とやりとりができます。
「利用者のプライバシーの保護」に関するルールもしっかりと設けてありますので、安心して気軽に利用できます。
もちろん一般公開のような大勢の人とやり取りができてしまうトークルームでは、トラブルに巻き込まれる危険性もありますが、しっかり危険性を認識した上で利用すれば、様々な可能性が広がります。
非公開のオープンチャットであれば危険性もなくグループLINEではできなかったこともできるので、とても便利な機能と言えるでしょう。