Vもぎでは志望校を書かされますが、もう決まっていますか?
当日に決めようと思っても、パッと自分の相応校がどこなのか判断するのは難しいですよね。

せっかく受験料を払って受けるので、Vもぎを最大限活用したいですよね。

志望校を間違えてしまうとうまく利用できません。

今回は、効果的なVもぎの志望校の書き方をお話ししたいと思います。

志望校はいくつまで書けるの?

都立Vもぎでは

都立3校まで
私立2校まで

志望校を書くことができます。
都立はSABCDEの6段階、私立は合格確率○%のような形で判定が出ます。

書く志望校の決め方

都立3校は、通知表の成績を基準に考え、
「努力校」「相応校」「安全校」の3校になるように書きましょう。

換算内申と都立校

たとえば…
Q.オール3の男の子はどんな学校を書くとよいでしょうか?

① 鷺宮、杉並総合、松原
② 西、日比谷、戸山
③ 杉並、鷺宮、光丘

こちらをクリック
答えは③です!

鷺宮、杉並総合、松原→×
この3校は同じランクなので、すべて同じ判定がでてしまうのでよくないです。
おそらく【鷺宮C判定、杉並総合C判定、松原C判定】のような似たような判定が出てしまい意味がないです。

西、日比谷、戸山→×
成績が足りないので、どんなにテストで頑張っても良い判定が出ません。
おそらく【西E判定、日比谷E判定、戸山E判定】となりこれも意味がないです。

杉並、鷺宮、光丘→
鷺宮を相応校として、その少し上と少し下を書けているのでGOODです!
おそらく【杉並D判定、鷺宮B判定、松原S判定】のような判定が出て、合否のめやすが分かります。

私立は成績はあまり関係ないので、目指したいところを書きましょう。

Vもぎを受けに行く前に…

記入する志望校を決めておく(都立3校、私立2校)

  もぎは志望校判定がメインなので、ここはしっかり準備しておきましょう。

自分の内申点をどこかにメモしておく

  志望校判定のために自分の内申点も記入しなければなりません。
  内申点とは通信簿の数字(5段階評価の成績)です。
  必ず各教科いくつなのかメモをとり、持っていきましょう。

この2点はかならず準備してVもぎに臨みましょう。